社会保険労務士になるには

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは国家資格の一つとして  
人気の高い資格となっています。

 

社会保険労務士は文字の通り   
「社会保険」と「労務」の専門家ということになります。  

 

企業にとって「人」という資源、そして労働に関する問題と
いう物は無くなりません。
労働問題が大きく社会問題化したり、社会保険や年金関連の
問題が大きくなる等、活躍の機会というのは大きくなっている資格と
いえるでしょう。

 

具体的な業務

 

社会保険労務士の業務は、「社会保険労務士法」という
法律によって規定されています。 (社会保険労務士法2条)

 

1号業務

労働及び社会保険に関する法令に基づく申請書等の作成・提出等、
労働関係の紛争の解決手続きの代理業務

 

2号業務

労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成

 

3号業務

労務管理・社会保険に関するコンサルティング

 

 

以上のように、基本的には各企業の顧問となって労務や社会保険関係の
書類を作成し、その応用としてコンサルティングを手掛けていくというのが
基本形態になります。

 

この労務の書類作成手続き・代行に関しては社会保険労務士以外は
行うことのできない独占業務とされています。
このメリットを最大源活かしたビジネス展開が成功の秘訣となります。

 

・参考サイト
社会保険労務士試験オフィシャルサイト