社会保険労務士になるには

現役社会保険労務士に聞く

現役の社会保険労務士のMさんに
営業方法を聞いてみました。
Mさんは現在3年目でありながら、既に2名のスタッフを
抱えて事務所を運営しています。

 

現役社会保険労務士に聞く

 

営業方法はどのようなことをやっていますか?

特に決まった方法ということはなく、あらゆる方法を試しています。
最初は飛び込み営業や知り合いに名刺を配ったりということも
頑張りましたし、広告を出してみたり、チラシを作って配ったりしました。
インターネットも使い、アナログ・ネットを組み合わせて営業しています。
最近は、顧問先の紹介等も増え、段々と安定していますね。

事務所経営が軌道に乗ったきっかけのようなものはありますか?

まだ売上がそこまで上がらない状態でも思い切って
事務所を借りたということが大きかったです。
田舎のため、まわりから見えるところに事務所を借りることに
よって、まわりからの信頼度も上がったという印象があります。
何度も通りががっている人から何かあったときに連絡をいただいたり、
飛び込みのお客様もいらっしゃいます。

得意分野は何になるのでしょうか?

私は労働問題関連を得意としていまして、企業側の労務管理に
関するコンサルティングや労務の視点から就業規則を見直す等の
対応を行っています。
これからの社労士は、全般ができることも大切ですが、
何か売りにできる強い分野を一つ持っていると大きな武器に
なると思います。

最初の段階でオススメする営業法はありますか?

いきなり開業仕立てで企業の顧問を得るというのは難しいと
思います。まずは情報収集というのが大切です。特にまわりの
他士業と交流し、繋がりを持っておくことは必要だと思います。
何か労務関連の仕事が別の士業を介して入ってくることはあります。
そこから自分も勉強し信頼を上げていくという方法はおすすめできます。