社会保険労務士になるには

社会保険労務士の年収

社会保険労務士の平均年収はどれくらいなのか?
社会保険労務士を目指す人には現実的にとても
気になる内容だと思います。

 

一節には603万円、760万円、程度と努力しだいでは年収数千万
ラーメン屋と同じ、400万〜800万、開業すると1000万円・・・

 

とさまざまな噂がたっているようです。

 

ラーメン屋と同じというのは、ラーメン屋を開業するから平均年収はいくら?と
聞いても、繁盛店もあれば閑古鳥が鳴いている店もあるため、平均年収を
聞くこと自体に意味がないというものです。

 

実は社会保険労務士に平均年収を計測しにくい事情もあります、
この資格は開業しても勤務してもOKという資格であるため、
勤務している場合は、当然その会社の給料という話になります。
資格を持っていると資格手当が出るところもありますが、年収が
決まったものになるということはなく、あくまでその会社の給与体系と
なるだけです。

 

一方、独立すれば経営手腕にかかってくるというところで
年収がゼロで廃業する人もいれば、数千万円を稼ぐという
営業のプロフェッショナルのような人も存在するわけです。

 

顧問契約を主力とする事務所も多いため、一般的には
顧問の取れない最初数年は厳しく、段々と安定してくるといえるでしょう。